人気ブログランキング |

【 発信しない 発表しない 作品 】

昨日記載した内容の補足として、


2017年の 1月頃から書いていた


人物写真への想い “ について


ここに置いておこうと思います。



今読んでも、考え方は さほど この時とは変わらないですね⭕️



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



ポートレート 。


今や、モデルのお仕事をされてない方も、


まるで、写真集の1ページのように撮影し


SNSにアップしたり、


本を作ったり。



また、アマチュアカメラマンさんでも、


“ 一般の方を 撮る ” という事を生業にしてるかたもいらっしゃいます。



 “ 写真をやっている ” 



というと



「 人物は撮らないのですか?」



と聞かれることも多くなってきました。


それほど、


カメラ = 人物


というイメージがあることに驚きます。



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



今の所、こういったポートレートは撮っていません。


そう答えると、


「 需要あるよ~撮影しないのは トライしたことないからでしょ?」



と言われてしまうことも、、




やらない理由はいくつかあります。



ざっくり言うと、



自身を納得させる、



“ 語彙力 “と “ 捉え方 “が



力不足もあり、整っていないため、



ポートレートの型が 柔らかな状態であるからです。



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



とはいえ、実は少しずつ 


好きなスタイルの 撮り方が わかるようになってからは、


高頻度で撮ってます。



ただ今の作品を総合的に考え、



そぐわないため 個展 では出していません。

( 補足すると 小さな作品は出していましたが、大きな作品という意味です )


 

モデルさんを立ててのポートレート撮影は、


今も 積極的に 自発的に はしていません。



その理由は、



高校生の頃、



とある大切な人との“ 別れ “ が発端でした。



これから綴る内容は、



けして“ 御涙頂戴 ” でも、



“ 感動ポルノ ” でもございません。



ただ強く、今に影響しているという” 事柄が あるだけ “ です。



2017年の 1月頃から書いていた 内容でしたが、


個人的な ストーリーのため 


形にしていいのだろうかと悩みました。



次の ステップへ 進むためにも、



ここでアウトプット。




✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



ポートレートを やらない理由としては、


“ 人物頼り ” になり、“ 写真の力 ” が分からなくなると思ったのが、1つです。

 



2つ目は、


人を撮る経験は、個人的に、もうお腹いっぱい。


『 さすがに、自分の好きなように撮りたい 』 と思っているから。



小さい頃から、

 

実家の新年会、忘年会、社員旅行の写真だの、


盆暮れ正月だの、


『 うちの子供を撮って 』とか


『 仲良し 3人で撮って 』とか。。



そう、実は、食わず嫌いでもないです。



( 歴だけで見れば25年なので^^;)



3つ目は、先程書いた通りです。



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 


《 未来へ…  》


私が高校卒業の時期。


家庭教師 の先生が去ってしまいました。


二十代前半。


大学卒業間近。



あまりに突然の出来事。


今思えば、18歳の自分には 正直つらかった。



後日、ご挨拶に先生のご実家へ。


祭壇に見覚えある写真が。



自分が撮った写真だ…。


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



先生は とある 難病 でした。


その事もあり、お母さまとの関係が良好でなく、


一時は命を断とうとしたこともあったそう。



卒業が 近づくにつれ 解けていき、


倒れた日も、


お母さまに内緒で ” 歌のプレゼント “ をしようと教室へ通っていたそうです。


曲は、Kiroroさんの “ 未来へ ”



歌詞を見てもわかるように、


きっと先生は、“ ありがとう ” を伝えたかったのでしょうね。



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 

 

写真に関しては、


安定しない日々が続いていたため、捨ててしまったり、


また症状が表面化していたことも手伝って、


写真が苦手。



暗い表情のものも多かったそう。



そんな状況で、


祭壇に飾る写真に困っていたところ、


先生の部屋の机の引き出しを開けてみると、



1番上に、自分が撮った写真が。


“ 自然な表情で あの子らしいな” 


と飾ってくださったそう。




その写真は、両親が夏、


職員さんやお世話になった方々を呼んで


ビールパーティーをした際、


名前を呼び、振り向いた時のものでした。



『 最後に残るのは、綺麗に飾られたものではなく、なにげない一コマなのかもしれない 』



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



その後も、


思いを より強くする 出来事が。



両親共の


祖父母の際も、


選ばれた写真は、


何気なく撮ったものだったのです。



自分をたてる為に、


大人たちが 気を使ってくれたのかもしれないけど、


“ お父さん お母さん らしい ”


と選んでくれた時は、とても 嬉しかったことを覚えています。



祖父母達は、


一緒に住んでいたり、


近くに引越してもらって、


週末度に会いに行っていたから、



その中で、


自然なやわらかい表情や、雰囲気の出る瞬間を 掴んでいたのかもしれませんね。



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



そんな事を思い出し、


書いては消し、書いては消しを繰り返していた時期に、


蜷川実花さんの” うつくしい日々 “ を見に行きました。


http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum/Zv78z0CYosJ15f3k2rcW/



10日間だけの展示。



テーマに対して


直接的でないとらえ方。


とても 


よくよく


人間ぽい 俗っぽさの “ くさみ ” が出ないよう


丁寧に考えられていた展示でした。



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



写真は、シャッターを押せば、なんでも記録できてしまいます。


“ 被写体の力 “ を “ 自分の実力 “ と過信し発信する。



現実的で直接的なものを、



ただ ただ 撮って、



ただ ただ はきだし、



” 耳馴染みのいい “  “ 張りぼての言葉 “ を並べているものが 


爆発的にヒットしたり、支持されているという理由だけで、


そういった作品が求められるシーンも増え


ハテナ マークばかりが浮かんでいましたが、



この展示で、



自分とっての “ノイズ “ に耳を傾けず、



『 間接的に 想像させる 絵描き方を これからも続けたい 』


という “ 強さ “ を取り戻したのでした。



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 


《 飛ぶ鳥跡を濁さず 》



『 悲しいことをすぐに形にできない 』


と思ったのが、このあたりです。



高一年から大学一年まで


約四年間。


あれよ あれよと言う間に、


6人と2匹が なくなりました。




もっとハードな色々な経験を されている方から見れば、


『 図太く生きようぜ 』


と思うかもしれませんが、



多感で繊細な時代に、


ものすごい数の


“感情の色 の洪水” を処理出来ず、


蓋をするしか 対処しようがなかったのです。



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 




今振り返っても、1人1人、1匹1匹との時間が濃く、


本当に重い経験でした。




“ いなくなること ”


に慣れてしまう自分や、



まだ あちらの世界へいっていなくても、


大人たちが、


契約書やら、


どこにどれを返すだ、


誰にお知らせするのやらと、


話している。



“ しなければ いけないこと “ 


と、頭でわかっていても、


現実感が 圧倒的に 押し寄せ、


かなり強烈でした。



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



” 数より質 “ 


特に一緒に暮らしていた方が 立て続けということもあり、



遺したものの整理の大変さ、

( 特に写真は曽祖父からの代なので、三世帯分)


手続きの多さ、


式に向け、淡々と進む時間。




“ 故人を偲ぶ ” とか、


“ 魂がどう ” とか、


“ かなしみがどう ” とか、


“ 真の死とは ” とか、



小説や映画やテレビで見聞きしたものと 


まるで別物。



『 人の最後はこれかよ 』と。



実際は、綺麗事を並べている暇はなかったのです。



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



2、3年前も立て続けに経験しましたが、



何年たっても、



とてもじゃないけど、かっこつけて” 定義 ” 


なんて 今でも語れません。


 

✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 


《 遅い 早いは 関係ない 》



そこから、莫大にあった自分の作品は 自分で管理しなくてはと、


ネガを整理し始めたのです。



それが今の個展で、昔の写真が出せた所以です。


(今もまだ終わっていませんが、少しづつ着手しています。)



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



《 取りこぼしは やがて 大きな 穴へ 》



“ きっと 同級生に話しても、困るだけだ ” 


と当時は しまいこんで、なかったことにしていてました。



でも これがまた厄介で。。


バランスを崩した時、


ばっと顔を覗かせ、困ったことも。



本能的に、


『 これは一番先に取り組まないと、ワクワクする人生を送れないかもしれない。


手前味噌でもなんでもいいから、とにかく“ 自分とは何か ” を掘り下げたい!』


と思うようになりました。


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 




“ 弱さ “ ” 脆さ” “怖さ “ や


 “悲しみ”  ”怒り” を直視しすることは、


ドMかよっ!というくらい、


わんさかネガティブな事も出て来ます。


いっそのこと、


『 夢見る 夢子  なら よかったな  』 と思うこともありますが、



繰り返していたネガティブなパターンから抜け出せた経験もあるので、続けていきたいです。


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



着飾ったものでも、



病床時のものでもなく、


盛った派手な演出のものでもなく、



『 人から 滲む色が出た  何気ない 日常の一コマ 』


そんな ポートレートが撮れた!


と感じた時、


きっと 写真作品の “ 最終形態 ” となるのかなと。


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



また、ビジネスライクな感覚に、今は興味がなく、


発信しなくてもいいから、


積み上げてきた関係で、


一対一で、



“ 人の陰陽の本質 ” を撮りたい。

 


こんな事を思うのも、


多感な時期を、


“ 寮生活 ” という特殊な環境で培った、


本音をさらけ出す、『 音、色、間 』や


丸裸な人の本質の、『 形、表情、動き、息づかい 』



を知ってしまっている 故かもしれません。


これは大人になって経験したとしても得られない感覚だと思うのです。


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



《 これから 》


“ ポートレートの分野 ” は妥協せず、


より自身の野生の本能に従った方が俄然面白い。


蜷川さんの作品展で、

 


より確信へと変わった経験をお守りに、


高校生の頃、自分が感じ、決めた感覚を、



今も大切にしていきたいです。



2016年の個展を開いたあたりから 


ふつふつと


なぜか わかりませんが 形に 言葉にしたくなりました。


ここまで 読んでくださり ありがとうございました


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 


by yokopu70 | 2019-02-22 00:03 | 語りごと。

【 人物写真 】

多感な時期 


家族よりも 過ごす時間が 長く、


同じ釜の飯を食べた寮生活時代の 友人と


久しぶりに再会。



メイクのプロ試験で モデル経験があり、


また 外資系の広告代理店に勤めている 彼女に


胸を借りる形で撮影させてもらいました。


画像はInstagramにてご確認を↓

https://www.instagram.com/12yokopu34



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



最近では、


” sns ありき ”


で使われる事が多くなった 写真。



特に撮る側が自身の腕を勘違いしてしまいがちなのが、


『 人物写真 』



被写体の力。人は人に興味がある。

 

手軽に 誰でも撮れるからこそ


過信してしまう“ 怖さ “ を感じています。


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 


フィルムしかなかった時代から カメラを続け、


先祖代々の写真を 整理していた 経験からなのか、


元来 人物写真は、


“ とてもパーソナルなもの “ という認識が強いため、


[ SNS媒体に載せる ]という考え方が、


確立していないのが現状です。


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ----------------  


撮影はしていたけれど、


ネットの海 デジタルタトゥーな場所に放り込むって…


ましては、


個人情報満載なものを…


さらには、


snsで発信するポートレートは、


撮影される側、する側の” メンタル “と深く結びつきがある気がして、


とてもじゃないけど、今の自分には扱えないと思い、


個展のみで発表していました。


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 


今回も“ 練習として “ でしたので、


snsにて発信する事を考えず撮影したのですが、


2人の関係性が、


とても よくよく表情に出ていた事、


そして 次なるステージへ向け アウトプットとして、


友人に許可をもらい掲載にいたりました。


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



実は彼女に撮影をお願いしたのが約5年前。


自身のポートレートに対する考え方もあり、


撮るにはいたりませんでした。

 

ですが、


その間にお互い 人生感や 価値観を 


より深く 高め合い、


寮時代よりも より語り合うように。


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



ぱっときて、ぱっと撮ったというわけではなく、


苦楽を共にし、


一緒に暮らしたバックグラウンドあった上で、


さらに この年月があったからこその、


今回の表情なのだなと実感しました。



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 


人物は、


風景よりも、


強い” 意志” “意識 “ を持っている。



『 色を付けず、嘘 偽りのない、被写体から出る内面を尊重した写真を撮る事ができたら 』


と思っていましたが、



”世界観をつくる撮影もありなのでは?”


と友人からアドバイスをもらい、


少しだけ新たな引き出しが生まれた日になりました。


 ✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ----------------  



また写真につける言葉や言葉遣い。


これによっても作品のトーンが変わってくるなと最近思うように。


発信する際は、


綺麗で 美麗で 造形美を 感じられる、


“ 知的 “ でかつ “ 親しみやすい “ 言葉を選んでいきたいですね。


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



今後もポートレートについては、


“ 誰でも ”というスタイルではなく、


自分の歴史において


深く繋がっている 大事な人を


ライフワークとして撮影していきたい。



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



ドキュメンタリーなのか、


夢見の世界、フィクションなのか、


はたまた 新ジャンルなのか、、



ここ最近、自分のペースで なかなか走れていないので、じっくり検証を。



✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 



 今回の撮影で強く感じた事は、



“ ヒトの姿形は とても尊く 大切なもの である” 


でした。


身近すぎて忘れがちですが、皆さまも 少しだけ頭の隅に。


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ---------------- 






by yokopu70 | 2019-02-21 00:10 | 語りごと。

【京都】ヒミツの冬眠パーティー【終了】

本日はお忙しい中、イベントに来てくださり、ありがとうございます‼️


d0330095_13414144.jpg

ご購入くださった方々、興味を持ってくださった方々、感謝いたします。


ありがとうございました😊


過去、個展の際に制作した作品も一緒に。

d0330095_13284558.jpg

皆さんとお話した事を糧に、これからも楽しんで形にしていきます🦅



取り急ぎご報告まで。


by yokopu70 | 2019-02-17 13:28 | 世界文庫アカデミー

【京都】zineに関して在庫切れの場合【出展】

mount tokyo さんのonline shopにて購入可能です。


☆ online shop 購入方法 ☆


①QRコードもしくはURLにてonline shopへ


○ This too shall pass away ○


zine.mount.co.jp/2

d0330095_23245841.jpg

○ 日常幻想都市 TOKYO -春- ○


zine.mount.co.jp/3


d0330095_23251521.jpg

②カートに入れるをクリック

d0330095_23294472.jpg


 ③レジへ進むをクリック

d0330095_23350964.jpg


④次へ進むをクリック


d0330095_23360419.jpg

⑤お客さま情報とお届け先を記入し 次へ進むをクリック

d0330095_23363063.jpg


⑥注文確定画面へ

d0330095_23365434.jpg



☆イベント概要HP


ヒミツの冬眠パーティー

https://m.facebook.com/events/379131439565449/?ti=icl


d0330095_23241566.jpg

d0330095_23241793.jpg

✳︎日程✳︎

2019年2月16日土曜日 11:00~17:00 


✳︎場所✳︎

1000KITA 内 Cafe スペース

〒603-8301 京都市京都市北区紫野北花ノ坊町

(京都・千本北大路)

http://1000kita.com


TEL 075-222-3663

( 京都市都市計画局住宅室すまいまちづくり課)


入場無料. 誰でも参加可能です‼️


✳︎内容✳︎


☆ワークショップ

※ 一部ワークショップは要予約 有料です


⚫︎簡易金継ぎ

⚫︎ボードゲーム

⚫︎ポップアップカード


☆そのほか


⚫︎ZINE販売

⚫︎作品展示

⚫︎弾き語りライブ

⚫︎お菓子販売

⚫︎アクセサリー販売


✳︎アクセス✳︎


☆公共交通機関の主要駅からバスをご利用の場合


北大路バスターミナルから市バス1、101、102、204、205、206、北8、M1 系統「千本北大路」下車


阪急「大宮駅」から市バス6、46、206系統「千本北大路」下車


京阪「出町柳駅」から市営1、102系統「千本北大路」下車


地下鉄・JR「二条駅」から市バス6、46、206 系統「千本北大路」下車


JR「京都駅」から市バス101、205、206 系統「千本北大路」下車


☆お車でお越しの場合


専用駐車場はございません。



by yokopu70 | 2019-02-13 23:17 | 世界文庫アカデミー

【 This too shall pass awayの由来 】

ユダヤ経典の中にある「ダビデの指輪」より引用しました。


d0330095_15150553.jpg

ダビデ王が宮中の細工師に、


「 ある時は、勝利の喜びで高慢になろうとする気持を戒め、また絶望に陥った時は、勇気と希望を与える言葉を彫った指輪を作りなさい 」


と命じます。



悩んだ細工師がソロモン王子に助けを求めた時、


「This too shall pass away. (これもまた、過ぎていく)」


という言葉を王子が与えました。


 

“ 喜びも苦しみも、いつかは過ぎ去るものだ ” 


苦悩しているときの慰め、そして幸せに溺れているときの戒めにもなる、両局面を持った言葉に惹かれる、今回タイトルに使いました。


参照: つれづれ memo & feel

http://d.hatena.ne.jp/dabonbb/touch/20100304/1267631510


by yokopu70 | 2019-02-12 07:47 | MOUNT tokyo

【ワークショップ 】 ヒミツの冬眠パーティー 【 京都 】

ワークショップを まとめてみました‼️


参加者募集中です😊

d0330095_12121064.jpg

①北欧をこよなく愛する鵜飼森子presents 『簡易金継ぎ』


時間 11:30~13:30


参加募集人数 5名 


→ 只今1名募集中‼️


参加費 1000円


かけた器の無い方は、別途500円で器の用意をさせて頂きます。


Twitter

https://mobile.twitter.com/uky_moriko



②初めての方でも簡単に飛び出すカードが作れます!! 谷口 可奈presents『飛びだすカード作り』


時間 15:45~16:15


→ 満員御礼‼️


参加費 700円


こちらのワークショップは子供さんの参加も可能です。是非、お誘い合わせの上ご来場ください。



とびだすカードは、これまで最年少9歳、最年長は80代の方が参加されました。子供からの大人まで、日本語か英語が話せるなら海外の方も大歓迎です。


Twitter

https://mobile.twitter.com/iamwhoiam_30



③ アナログゆかこ presents ボードゲームで遊びませんか?


時間 13:30~14:30


参加費 無料


※ボードゲーム体験はメインタイム(13:30~14:30)以外でもできますのでお気軽にどうぞ!


Twitter

https://mobile.twitter.com/kotorikotoys





簡易金継ぎや飛び出すカードの予約や、その他 問い合わせ窓口は、こちらから↓


airmura.C アットマークgmail.com


※アットマークを@に変えてメールしてください。



件名「ヒミツの冬眠パーティーワークショップ参加」と御記入の上、上記アドレスまで お申し込みください。

(*こちらのイベント告知ページでの参加希望のみでは、ワークショップ参加は確定致しません。必ず問い合わせアドレスまで 参加希望のご連絡をお願い致します。)



d0330095_12122979.jpg


by yokopu70 | 2019-02-07 12:08 | 世界文庫アカデミー

【 京都 】 ヒミツの冬眠パーティー 【 出展 】

京都にて出展のお知らせです😊‼️


実は世界文庫アカデミーという京都にて週末だけ開講する学校のような集まりに、昨年6月から通っております。



土曜日は 編集・キュレーション・場づくり コース

日曜日はデザイン・ものづくり・場づくり コース

の 2 種類のコース。


自分は日曜日のクラスに参加中。


講師は毎週違った方々が もちまわりでいらして、さまざまな授業が行われています。


医療分野の知り合いしかいなかったので、


○見聞を広めるため


○ 一度頭打ちになってしまった”集団で学ぶ”という事を少人数だったら、参加できるかもしれない


と思い、通う事に。


参考 :http://sekaibunko.com/academy/story


そんなクラスで、今回イベントを開催する事になりました‼️


d0330095_18153356.jpg


✳︎日程✳︎

2019年2月16日土曜日 11:00~17:00 


✳︎場所✳︎

1000KITA 内 Cafe スペース

〒603-8301 京都市京都市北区紫野北花ノ坊町

(京都・千本北大路)


TEL 075-222-3663

( 京都市都市計画局住宅室すまいまちづくり課)


入場無料


誰でも参加可能です‼️


※ 一部ワークショップは要予約 有料です

※ワークショップ( 簡易金継ぎ、飛び出すカード)の予約、その他お問い合わせ窓口は、

airmura.C アットマークgmail.com

※アットマークを@に変えてメールしてください。


-ワークショップご予約の場合は-
お名前/ご連絡先 /ワークショップ名 /参加人数
の記載をお願いいたします。

件名「ヒミツの冬眠パーティーワークショップ参加」と御記入の上、上記アドレスまで お申し込みください。

(*こちらのイベント告知ページでの参加希望のみでは、ワークショップ参加は確定致しません。必ず問い合わせアドレスまで 参加希望のご連絡をお願い致します。)


✳︎内容✳︎


∮ ワークショップ

⚫︎簡易金継ぎ

⚫︎ボードゲーム

⚫︎ポップアップカード



∮  そのほか

⚫︎ZINE販売

⚫︎作品展示

⚫︎弾き語りライブ

⚫︎お菓子販売

⚫︎アクセサリー販売


などなど。



✳︎アクセス✳︎


∮ 公共交通機関の主要駅からバスをご利用の場合


北大路バスターミナルから市バス1、101、102、204、205、206、北8、M1 系統「千本北大路」下車


阪急「大宮駅」から市バス6、46、206系統「千本北大路」下車



京阪「出町柳駅」から市営1、102系統「千本北大路」下車


地下鉄・JR「二条駅」から市バス6、46、206 系統「千本北大路」下車


JR「京都駅」から市バス101、205、206 系統「千本北大路」下車


∮ お車でお越しの場合

専用駐車場はございません。



∮ タクシーでお越しの場合


駅前ですと、週末は長蛇の列になる事もあるので、

少し歩いていただく事にはなりますが(約3分) ヨドバシ京都店さんにあるタクシー乗り場ですと並ばず乗る事ができます🚕


∮ イベント概要HP


当日、自分の出展は、、


○ 写真作品 3作品展示

○ZINE 2種類 展示販売



詳しく説明を…


❄️写真作品 3作品展示❄️


タイトル

「 Eulogy 賞賛  - プロローグ- 」


Cクラスメンバーをイメージした個性溢れる紙に、2018年12月の京都を投影した作品。


∮ 印刷紙について


初挑戦する印画紙も使っての作品です。


1枚はいつもお世話になっている富士フイルムプロラボさんにお願いいたしました。


紙は昔から好きでしたが、今回プリントしてみて、紙の魅力に改めて気がつきました。


実は先祖を辿ると紙に携わっていた方がいらっしゃいので、その血は受け継がれているのかもしれませんね😊


2019年のテーマになりそうな予感。



∮ 額縁やマットついて


お世話になっている地 京都に恩返しを、


いわゆる祐気取りと言って、土地のものを食べたり、温泉に入ったり、お水取りしたり、いい気をいただく感覚に近いのですが、


その意味も込めて、あえて京都の額縁屋さん(京額さん)にお願いしました。フルオーダーです。


素材は、冬をテーマにフォルム、色味、光の反射など妥協したくなかったので、様々な素材と作品を照らし合わせました。


しつこいくらい、これじゃない あれじゃない、


こんな感じ あんな感じでと、


感覚だけの世界にお付き合いいただいた京額さんには本当に感謝いたします。ありがとうございます。

d0330095_18250854.jpg

d0330095_18251015.jpg

∮ 被写体について


2018年 12月に撮影した作品たち。


京都の街から出る香りや熱量。


観光地としての場というよりは、本質の本当の京都を体現したかったのが今回の1番の理由です。



実は数年前、1ヶ月半ほど祇園祭をはじめから終わりまで見たくて、京都に暮らしていた事があり、そこで日常の京都というのを体感しました。


壮大すぎて多分一生かかっても形にはできないのはわかっていますが、、


それでも少しだけ掴めた陰と陽が形になっていればと思っています。



それが小学校の頃から馴れ親しみ、


人の意思、意味や願いが込められたものは  


言葉なくとも美しく、いい気をまとえると、


初めて教えてくれた京都の地に自分ができる精一杯のお返しです。


また北山駅にある cafe Eins!さんにて4月に行われる個展と連動しております。こちらも是非。


2019 4/17(水) -4/29(月)


11:00-20:00(火曜休)※最終日18:00


地下鉄烏丸線 北山駅 4番出口 


※カフェ展示ですので、必ずワンオーダーをお願いいたします。


近くなりましたら、またお知らせいたします。



❄️ZINE 2種類 展示販売❄️


∮ 日常幻想都市 TOKYO -春-


【 文と写真で綴る物語 】


過去になりきれていない 今だから感じる事がある


2018年 春を題材に はじめて離れて視えた東京の街とは


東京の春をテーマにした初エッセイ集(写真や英訳付き)


” よしも たくと “とはエッセイを書く際のペンネーム。


サンフランシスコで行われたSF Zine Fest 2018にて大好評いただいた作品です。


¥1000


d0330095_18263884.jpg

d0330095_18264040.jpg

d0330095_18264205.jpg

∮ This too shall pass away


-これもまた、過ぎていく -


嬉しいことに おぼれず おごらず


落ち込むことに 寄り添い 癒す


カメラという第三の眼で捉えた記録たち

タイトル


写真のみ10年間撮影した中で選りすぐりのものを掲載した写真集。


¥900


d0330095_18255593.jpg

d0330095_18255912.jpg

d0330095_18260178.jpg


お近くの方は是非!


ワークショップ等々、詳細はまた追加いたします😊


by yokopu70 | 2019-02-05 17:14 | 世界文庫アカデミー